いろんなYoutuberさんたちの動画を拝見しているうち、買う気満々だったApple Magic Keyboard for iPad Proいらないかもって思ってきた。

2020年版iPad Proが販売されたら絶対買う!と意気込んでいたにもかかわらず、待ちきれず12インチMacBookを買ってみたり錯綜中のhauです、こんにちは。

5月下旬発売予定だったMagic Keyboardが1ヶ月近く前倒しになりましたね。

hauはタイ旅行が決まったら本体を購入しようと思っているのと、タイ語版キーボードのMagic Keyboardを狙っているため、とりあえずみなさんの感想だけ聞きたいなと思い、ネットをグルグルしています。

そこで日本だけでなく世界各国のYoutuberさんたちの開封動画を見ていると、とにかく「重い」という意見が最初に上がってきています。

実際その重さなんとMacBook Air越え。iPad Proは手軽に持ち運びたいので流石にその重さだと購買意欲がMAXからダダ下がりになります。

先日血迷って!?購入した12インチMac Bookより全然重くなってしまうわけですから、それを考えると軽さを重要視するhauにとって血迷ったと思った12インチMac Bookがますます良い買い物だったと思わざるを得ません。

12インチMac Bookがかわいくて好きすぎる

なんだろう? hau母艦のMac Book Air13インチより、使えば使うほどかわいく思えて愛着がどんどん湧いてくるんです。

とにかく携帯するのに「軽く」「適度に小型」だし、カバンに入れても邪魔にならず、パッと開くとすぐ電源がオンになり、電車の中でもすぐ起動するので便利。

見た目もイヤホンジャックとUSB-Cポートしかないためか、スッキリとしていてスマートです。

大好きなぬいぐるみがないと寝れない小さいな子のように、このMac Book 12インチをいつもそばに置いておきたくなります。

これ、どうしてディスコンにしてしまうのだろうか?

一部にこの機種が大好きという人がいると聞きますが、まさにhauもそれに陥ってしまいました。 もう一台買っておきたいくらいに(笑)

使えば使うほど愛着の湧くマシン「12インチ MacBook」

結論 iPad ProのKeyboradはSmart Keyboard Follioにする

12インチMac Bookの愛をこれだけ語っておきながらやはりiPad Proは買うということで、hauにとって必需品のタイ語キーボードは、軽くて安いSmart Keyboard Folioでいいじゃんという結論に落ち着きました。

コロナが落ち着く日を待ちながら、バンコクのApple Storeでこのキーボードを購入したいと思います。

バンコクに2店舗目のApple Storeがオープン!?

バンコク旅行を妄想しながら「エアー ショッピング」!?(こんな言い方で合っているのか?)をするため情報収集していると、バンコクに2店舗目のApple Storeがオープンする予定との情報をキャッチしました。

From Youtube 「Care Moment」

場所はバンコクの中心部 BTSチットロムにほど近いセントラルワールド前の一等地です。

現時点ではオープンの日程は「4月中」ということ。このような状況下ですので正式な発表はまだ様子見なのかないようですが、建物自体はほぼ完成しているようです。

当ブログでもご紹介しているバンコク初のApple Store「ICON SIAM」は、チャオプラヤー川の向こう側にあるため、交通の便があまりよくなかったのですが、ここにできると大変便利になりますね。

セントラルワールド前の大通り

Please follow and like us:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください