今回hauが宿泊した台北のホテル「Folio Daan Taipei」富藝旅がとってもかわいいんです!

 

初めての台湾。地理も言葉もわからない状態ではホテル選びは最重要課題。そこで、ガイドブックについていた台北市内の全体地図と、地下鉄の路線図を並べてやっと決めたホテルがこちら「Folio Daan Taipei」富藝旅 です。

場所は?

MRT文湖線もしくはMRT淡水信義線「大安」駅から徒歩3分の超駅近。

しかもMRT文湖線は日本からの国際線が発着する松山空港直結の松山機場駅があり、乗り換えなし約12分で来ることができちゃう便利な場所です。

台湾初心者のhauでも無事迷うことなく到着できました。

「Folio Daan Taipei」富藝旅

こちらのホテルは、台湾ならではのリノベーションが施されたホテル。築約40年の建物で、以前は銀行の社員寮だったとか。それが綺麗に生まれ変わって、おしゃれなブティックホテルとなっています。

ホテルの入口

入口を入るとこじんまりとしたロビーが。決して広くはないけど一つ一つがこだわりを感じさせるインテリアで埋め尽くされ、アットホームな温かい気持ちにさせられます。

hauは想像していた以上のあまりのかわいさに一気にテンションが上がってしまいました。

フロントデスクにディスプレイされた毛糸のあみぐるみ。

入口を背にして奥は、ギャラリーがありました。こちらのホテルはホテル内のいたるところに、アーティストの作品を飾り、活動を応援しているようです。

hauがこのホテルに決めたもう一つの理由。それがこのタイル。

hauの家にも貼りたいほど気に入ってしまったタイル。

台湾を紹介する雑誌にこのタイルがチラッと写っている写真を見て、このホテルに泊まりたいと思いました。このタイルの柄は、台湾に古くから伝わる柄で、主に家庭の台所に使用されているそうです。

こんな柄のタイルもありました。

ロビーの隣には、朝食の会場となるダイニング「Port23」があります。こちらは、ホテル利用者以外の人にも人気があって、ランチやカフェの時間には席が満席になる程です。
ダイニングの中は、そんなに広くはないのですが席の間隔が適度に保たれて、隣の席があまり気にならない配慮がありました。 

椅子もカラフルで可愛く、座りごごちも満点です。

客室のあるフロアからは、1Fのロビーが見えます。吹き抜けになっているので開放感もあり窮屈さを感じません。

客室内は?

今回宿泊したのは、下から3つ目のランクのお部屋「OPUS(オーパス)」です。

ベットサイドには、かわいらしいカフェテーブルと椅子が。

そのカフェテーブルの上に置かれたウエルカムドリンク。永康街に店舗のある小茶栽同の「古早味紅茶」と台湾コーヒーの有名なブランドCATAMONA COFFEEのドリップコーヒーが置いてありました。

このセレクトもさすがと言わざるを得ませんね。^ ^

洗面所とお部屋は壁がなく、つながっています。最初はちょっと違和感があったのですが、通常乾燥するホテル内においては、この一体化によってシャワーを使用した時の湿気が部屋とどまり、乾燥に弱いhauにとってこれはかなりよかったです。

洗面台も使いやすかったです。

トイレとシャワーは別になっています。バスタブはありません。

シャンプー・コンディショナー・ボディーソープといったアメニティーもちゃんと揃っていました。

このアメニティーは台湾ブランドでした。ホテルのフロントで購入できます。シトラス系の爽やかな香りで統一されています。

いかがでしたか?このエリアはとても落ち着いた雰囲気で、夜も人通りがあって危ないイメージはありませんでした。外出する際は、必ずフロントの前を通るので、その度にホテルのスタッフも声をかけてくれるし、女性の一人旅でも安心だという印象を受けました。

また、ホテルの近所にはお粥横丁や、小さいながら夜市もあり、コンビニや銀行もあるので大変便利です。

初めての台湾旅行にもオススメのホテルですよ!

まとめ

■住所 :台北市大安 信義路四段30   23號

■電話 :+886 2 6626 0658

■facebook : https://www.facebook.com/foliohotel/

■HP : http://www.folio-hotels.com/

Please follow and like us:
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。