2019.07 タイ東北地方ルーイ県の小さな町「チェンカーン」に行って来ました。

タイ人の間では、観光地として人気の高い「チェンカーン 」。まだまだ外国人には浸透していない場所ですが、きれいな景色、静かで風情のある街並みがとても魅力的で、オススメしたい観光地の一つです。

今回は、2019年7月に行ってきた際に食べたお菓子「カノムパン サンカヤー(ขนมปังสังขยา)」がとても美味しかったので、こちらのお店「HOME MADE THAMMADA(タイ名:サンカヤー クンメー)をご紹介します。

場所は?

夜には人出で賑わうウォーキングストリートのソイ9を入ってすぐのお店です。

メインストリート「チェンコーン通り」を直進します。
 

どんなお店?

こちらは、テイクアウトがメインの小さなカフェ。

もちろんこちらでいただくことも可能ですが、座席はかろうじて1−2席あるといった感じです。お店のオーナーはとても優しく迎えてくれて、とても居心地の良い素敵な空間となっています。

今回hauが購入したカノムパン サンカヤー(ขนมปังสังขยา)だけでなく、ホームメイドのケーキも数種類あります。

カノムパン サンカヤー(ขนมปังสังขยา)って?

カノムパン サンカヤー(ขนมปังสังขยา)とは、すごくシンプルな丸いパン(カノムパン)にパンダンリーフの自家製クリーム(サンカヤー)を付けて頂きます。

パンがシンプルなので、パンダンリーフクリームの香りと甘さが際立つ美味しくて、タイらしいさ満点なお菓子です。

こちらのお店でパンもクリームも作っていますが、大変人気がある上に、みなさん予約して大量に箱買いしていくので、開店早々に行かないと売り切れている場合があります。

カフェでは一つから注文でき、焼きたて・作りたてをいただくことができますが、持ち帰りの場合は1箱6個入りで90バーツとなります。

hauは、サンカヤーをたっぷり付けて食べたかったのと、バンコクに持って帰りたかったため、箱買いをしました。

箱は手作り感満載でとてもかわいいです。この箱、よーく見ると裏に賞味期限に関する注意書きがあったのですが、ユーモアに溢れた内容になっていて大笑いしてしまいました。(例えば、「賞味期限は3日です。3年ではありません。」などなど。)

お茶目な店主の人柄が、一層このカノムパンサンカヤーの美味しさを引き立てている気がしてきます。

中身はこんな感じです。意外と食べれちゃう量でした。本当は、日本にも持って帰りたかったです。

そして無事ゲットできた帰り道、自転車に乗って記念撮影しながらホテルに戻りました。

 

まとめ

HOMEMADE THAMMADA

▪️住所 :250 หมู่1 ถนน ศรีเชียงคาน ซอย 9 , เชียงคาน 42110

▪️電話番号 : +66 089-180-1021

▪️営業時間 : 08:00〜19:00

▪️Facebook : https://www.facebook.com/homemadethammada/

 
 
Please follow and like us:
error0
Tweet 20
fb-share-icon20

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください